好きな人と好きなものに囲まれて 好き勝手に生きていきたいの。パニックごときにあたしの人生邪魔させないわよ!そんなあたしの好き勝手にならない子育てライフやいかに…
プロフィール

cocotiare0121

Author:cocotiare0121
3歳年下の彼と結婚し、ほぼ同時に発症したパニック障害添えの結婚生活もはや17年。
中1の長男と年中さんの次男との毎日は思春期と反抗期のタッグとプレ更年期との闘い!
思うようにならない自分の体と息子たちをのらりくらりと更新してます。

アクセス
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
なんかアメーバのアプリの不調で写真アップできなかったりムダに多忙だったりで、ようやく更新。

コネコ騒動は無事に優しい飼い主さんが貰って下さって、幸せに暮らしているみたい。
喜ばしい限り。



なんだかババアはすぐ記憶がうすれちまう。
先週末のことだってのにさ。

せっかくママ友経由でいい方を紹介していただいたのにこんなに疲れはてたのはどういうことよ。

そもそも里親さんに貰っていただくことが決まり、外でわいわい遊んでいた拾い主のチビタ、チビタ友人双子、その弟に言いにいくときのこと。
たまたま通った近所のマダムが教えて下さった事実が子どもたちの気持ちを揺らがせた。
なんと、コネコはマダム宅のベランダ下で生まれたのだという。
もちろん野良なんだが、気付いたら産まれてて、母猫が乳をやっていたらしい。かわいそうなのでダンボールにタオルを敷いて家にしていたのだが、兄弟はすでにおらず、母猫は通いで乳をやりに一日数回やってくるとのこと。
昨日(つまりチビタたちが拾った後)の夜からは母猫が探して鳴いてるようだと。

それを聞いたチビタたちは「親から離すなんてかわいそうだ!」と言い出し、あたしの隙を見てコネコを母猫の元に返すという暴挙にでた。

あげるって言ったじゃん……

「逃げたって言えばいいじゃん!」
「親猫がかわいそうだ!」
「親子でいる方が幸せだ!」

という子どもたち。
近所の野良ならいつでも自分たちで遊べるって気持ちが見え隠れしてるが。
でも本気で怒ってる。

浅はかな…と思いつつも、これが子どもだよなぁと少しほほえましく…
思ってたらアカン!あげるんだってば。
せっかく喜んで迎えてくれるかたが見つかったのに!

くそー。あたしこんな藪とか草むら苦手なんだけど。

そーっとマダム宅のダンボールに近づくと、母猫はフシャーッと怒りの声をあげながらも逃げていった。
コネコを置き去りにして。

で、コネコに「くる?おいで?」と手を出すとぽてぽて着いてきて手を嘗める。
警戒心ゼロ。野良では生きられない子だと改めて感じる。

抱き上げて自宅に連れ帰り、チビタたちに説明すると、
「親は見捨てたんだね?それならしかたない。」と納得した様子。

動物は親と過ごすのは人間とは違い短期間であること、あと数ヶ月で自立すること、さらに野良で生きることはとてもたいへんで、病気や怪我、事故にあったり心無い人から虐待を受けたりするせいで飼い猫の半分以下の寿命になることなど話した。
だからいい飼い主さんが見つかったのはラッキーで、必ずこの子は幸せになってくれるはずだと。
不貞腐れながらもチビタの心には届いたように思う。

気が変わったりおかしな行動を取られないようにあたしが抱いていようっと。
(ただ可愛くて抱きたいだけ。)

こんな手のリサイズでちっちゃいのに、なんて暖かいんだろう。
膝に抱いたコネコが時々ミャォミャォ鳴いてうにょうにょ動いたりしながらも安心しきったように眠っているのをたまらなく愛しく感じた。
新生児だった息子たちを思い出して思わず母乳出るかと思ったわぁ~

実は一番飼いたいのはあたし。一番寂しがってるのもあたし。
けど夫に強く言えなかった。どうしても欲しいって。

心の中では未練たらたらのあたしを筆頭にチビタ、チビタ友人双子、その弟と小チビを引き連れたコネコ拾い主軍団の大名行列はうろうろワイワイと待ち合わせ場所に赴く。
途中里親探しに活躍してくれたママ友と合流。

ママ友のママ友さんのママ友さんである新しい飼い主さんは
すらっと背の高い少し年上の感じのママさん。

チビタはずっとコネコを抱いたまま、名残惜しそうに新しい飼い主さんのお宅までだらだらと着いていき、遊びに来させて欲しいと直談判までしていた。

帰り道は「いい人でよかったな。マジムカツクババアやキモイジジイだったら『てめえになんか渡すかよ』ってぶっ飛ばしてやろうと思ったよ。」
「バットで殴ってやろうと思ったよな。」
えー?そのために金属バット持ってたんかい。

まぁ、全て丸く収まって、今ごろコネコは新しいお家で丸くなってるだろうし、子どもたちも意外とすっきりしたみたいだし、ホッとしたなぁ。

けど、さっきまで抱いていた膝の温もりが恋しくて寂しくてシュンとしてるあたしなのだった。

シュン😢

いや、これ以上そばにいたらきっと離れられなくなったはず。
母乳出る前に手放してよかったのだ。

うん。よかったよかった……

シュン😢







2015/05/16 17:49 徒然 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cocotiare0121.blog.fc2.com/tb.php/934-a2c6f5f9
スポンサー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム