好きな人と好きなものに囲まれて 好き勝手に生きていきたいの。パニックごときにあたしの人生邪魔させないわよ!そんなあたしの好き勝手にならない子育てライフやいかに…
プロフィール

cocotiare0121

Author:cocotiare0121
3歳年下の彼と結婚し、ほぼ同時に発症したパニック障害添えの結婚生活もはや18年。
中2の長男と年長さんの次男との毎日は思春期と反抗期のタッグとプレ更年期との闘い!
思うようにならない自分の体と息子たちをのらりくらりと更新してます。

アクセス
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

不調が治まらない。

やっとパニック的な不調みたいのは落ち着いたんだけど、咳やら鼻やら…

花粉症か?いや、それだけじゃないだろうな。

ダルいしテンション上がらず次男は巻き添えくらって平日ずっと引きこもらせてしまった。退屈しててかわいそうだ。

そしてこの週末も寝て終わる。

 

しかもこのしんどいのに先週は長男が中学から呼び出しをくらいやがって😫

終業式を目前になんと2時間も面談する羽目に。

 

まぁ素行が悪いと。授業態度が悪く他の生徒に迷惑をかけていて勉強もしない、成績も確実に下がっていて授業についていけてない。

そして部活も辞めたい、やる気なし、態度悪いと。

 

えーえー。わかりますよ。用意に想像できますとも。クソガキのクソな態度ね。

 

いや、だから、こてんぱんに叱り飛ばしたり殴ったりしてもいいし。学校で言うこと聞かせるのは先生の仕事でしょ。

昔の先生みたいに愛の鞭すればいいのにさ。

状況はわかりました。が、家で親が話してどうこうなるって問題でもないよなぁ。反抗期だし。

 

ていうかさ~あたし、意識飛びそうだけど。

親の前で優しい口調でこんこんと言い聞かせる。あたし、いらないじゃん?

電話で「こういうことなのでこういう話をしました」でいいかも。

 

だいたいもれなく次男ついてくるじゃん。次男の前で長男の悪事話すのもどうなのって感じじゃん。

 

結局のところ、長男は小学生の頃から怒られる内容変わってない。つまり成長してないってことがよーくわかった。

 

そして、後日もらってきた成績表もとんでもないものだった。

こんな成績みたことないわー。

いつもいってるじゃん!素行の悪さは成績でカバーすれば教師は文句言いにくいって。

ちょいと問題起こしても成績がそこそこならあまり怒られなかったんだってば。

あーあ。要領の悪い息子持つと苦労するわー。 

これ、親が言うことじゃないってのわかってるけどね。

 

まぁ友達と揉め事よりはいいか。

 

さて、寝よ。あーだるい。

 

2017/03/26 16:10 子育てって大変! TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

祖母が亡くなって母の実家に行っている間に風邪を引いた。

喉が痛い。そこから鼻詰まり。定番のコース。

そうなれば当然パニックの発作ももれなくついてくるのだ。

 

火葬場に行く途中のマイクロバスが辛かった。なんせ30分弱もかかったのだ。どのくらいかかるのかわからずにバスに乗り込みどんどん時間が経つにつれてしんどくなってくる。

もう…イヤだなぁ。

 

なんとか全てクリアして新幹線に乗って自宅に帰る。

しかしどうしたもんか、微熱と凄まじい離人感。

脳みそからの司令が体に届く前にもうワンクッションある感じ。脳みそから直接じゃなくて伝言ゲームして体を動かす感じ。

実際に動かした体は水中にいるみたいに重くてふわふわしてる。

 

土曜日の夜帰宅したものの、日曜日も月曜日も、そして今日もまだ離人感から抜け出せないでだるだる~んとしている。

早くすっきり抜け出したいな。

 

ちょっと鼻が詰まる以外は体調が悪いっていう感じはないんだけどな。

 

まぁ、疲れが溜まってるからか。

今週はのらりくらりと休んでいようかな。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

先日見舞った祖母が亡くなり、平日だし出張してる夫に頼めないので義母に子供たち委ねて再び富山に行ってきた。

 

 

94の大往生とはいえ、やっぱり身内の死はこたえる。 

前回のお見舞いにきたときの祖母はすっかり萎んで痩せて小さくなっていて、管理の都合であろうおかしなショートカットでじいさんかばあさんかわからない様相だったし、入れ歯を外されていたから顔もくっしゃりしていた。

けど祖母の死に顔はとても穏やかできれいだった。

苦しむことなく亡くなったんだろうな。

 

棺桶の中の頬に触れると皮膚はとても冷たく、でも柔らかくて不思議な手触りだった。

そりゃそうだね。筋肉は硬直するとしても皮膚はかたまるわけではないし。

死化粧がすごくナチュラルでホントに眠っているようだった。湯灌さん、ありがとう。

 

初孫だったあたし、たくさんかわいがってもらった。

おばあちゃんありがと。

 

2017/03/18 17:36 徒然 TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

うーん、接写がピント合わないわ…

バイトはじめて以来、手袋せずに洗い物するので

手荒れしそうだしネイルのもちが悪い気がする。

てことで平日なのに付替え。

ねむーい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

祖母のお見舞いと最近亡くなった親戚の伯父さんにお線香あげに行くのが目的だった旅だけど、せっかく子供たちも一緒なので少しは楽しいところにも連れていきたいということで世界遺産の五箇山へ。

 

 

岐阜の白川郷が有名だけど、山をまたいで富山県にもあるのよ。合掌造り。 

豪雪地帯ならではの尖った三角の茅葺き屋根が特徴の合掌造りの家は江戸時代後期に建てられた家屋で、今だに人が住んでるところもたくさんあるんだって。

世界遺産に住むってすごいわー。

 

 

子供の頃から何回か来てるけど前に行った大きいところは今回は行けなかった…残念。

囲炉裏の上に2階があってかつて養蚕をしていた様子がわかる古い道具が置いてあって、さらに上にもよくある駐車場の網網みたいな状態に木が組んである床があったりして、木や竹が軋むたびにちょっとドキドキ。

 

子供たちは見学より雪で遊びたいらしく、あたしはもっと観たいのに集落のほんの少ししか見られなかった。

 

こんな風に無人でレンタル傘10円、レンタル長靴100円、野菜や焼き芋も売られてた。

息子たちは長靴とそりを借りて雪の中へ。

 

かあさんは腹が減りました。

てことでびしゃびしゃの息子たちは着換えもないので洗ってない昨日の洋服を再び着せる。

 

こんなにたくさん付いて1600円!

野菜がたくさんでソバも美味くてお得!

 

海の幸も山の幸も美味しいものたくさん!

富山はうまいもんだらけだなー。

 

昨日は海鮮、氷見牛とたくさんの殺生し、今日は精進料理みたいな。

なんにしても美味しいものたくさん食べてさらに太った。

海産物の写真撮ってなかったわ…記録されてないけど、確実に身になってるわ。

 

 

2017/03/07 00:20 徒然 TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

最近体調の優れない祖母を見舞いに母の実家のある富山に行ってきた。

ホントはお金もかかるしあたしだけでと思っていたけれど夫が全員で行こうと言って宿と新幹線、レンタカーの手配までしてくれた。

出張慣れしてるから旅の手配が素早くて助かる。

 

初めての北陸新幹線にちょっとわくわく。昔は新潟経由だったぜーとか思いながら自撮りなんてしたことないんだけどついつい撮る。

が、不慣れなもんでアングルも顔もヤバイ😅

 

次男は赤ちゃんのとき以来なので本人的には初めてだから楽しみにしていた。

飛行機と違って前の座席とのスペースがゆったり!いいわー!足伸ばせる!

が、経済的な理由で3席に4人…

キツイ…

だってさ、夫は普通に大人サイズじゃん。あたしだってちっこいけど丸っこい大人じゃん。長男、あたしより一回り大きい。

そこに次男。もはや赤ちゃんじゃないしけっこうかさばる。

狭い…しかも密着してて暑い…

ただでさえやたらにエアコンきいてて暑いのに密着する37℃の塊。

かなり辛かった。が、疲労のおかげで半分以上寝てた。

途中の山も見え始めた海も薄目で確認してまた寝る。

 

やっと着いたらスッキリ!してるはずもなく、レンタカーに乗ってまたもや意識を手放す。

 

祖母の施設のすぐそばにある回転寿司で叔父夫婦と待ち合わせてランチ。

これがこんな田舎なのにどんだけ混んでんだー?てくらい混んでる。

が、さすがきときとの富山。とにかくなに食べても旨い!

もう昼から贅沢腹いっぱい!

 

ぱんぱんの腹かかえて向かった祖母のところ。

食事もしないでほとんど寝てるような日もあるって聞いてたので心配してたんだけど、この日はすごく体調が良かったみたいで普通に起きて車椅子で食堂でのひな祭りの集まりに出ていた。

 

ぶっちゃけあまりの大量のご老人集団の中から3年ぶりの祖母を見つけられずにいたら施設の方が連れてきてくださった。

 

小人族の我が家系の祖母はホントにもともとちいちゃいけど、前に見たときよりもさらに小さく痩せていて、少しショックだった。

髪の毛も手入れの都合だろう短髪で寝癖も直されてないからおじいさんかおばあさんかも怪しい…

 

「おばあちゃん、○○(本名)だよ。来たよ。」

て言うと「あらー○○ちゃん、遠いとこよく来たったねー」

と言ってくれた。覚えてるみたい?どう、かな?

 

部屋に戻って話をしていてもあまり噛み合わないけど、まあそれはそんなもんだろうね。

小チビっ子がお雛様の歌歌ったら手拍子しながら最後まで一緒に歌って嬉しそうにしていた。

が、話してるうちに「アンタ、○○ちゃんに似とってやねー(似てるね)」て言い出すので思わず笑いながら

「○○ちゃんやもん!年取ったけどー。」と応えると

「あら、ホンマや。笑い声が○○ちゃんや。」って。

 

息子たちを改めて紹介してたら「あらー!アンタずいぶん大きなったねぇえ。」て夫に。

「いやいや、初めてあったときからこの大きさよー」てつっこむ。あたしゃこんなでかいの産んでないわい。

 

あげくに小チビっ子は「おばあちゃんはいつ大きくなるの?」て、「なるかいっ!」とさらにツッコミどころ満載だわよ。

 

そんなこんなのお見舞いを終えた。

医師の話では次に熱を出したり食べられなくなったらもう…てことらしい。

でも「みんなで来てくれてありがとう。元気もらった。またね。ありがとう。」て何度も言うおばあちゃん。

また次に会うことができるだろうか。

 

 

父方の祖母の時もそうだったけど、遠隔地に住む親子は年取って体調崩したり介護必要になったり最期を迎える時は本当に大変だな。

行き来する時間もお金も半端ない。

 

祖母が生きていてくれるから、まだ自分の親の最期は実感わかないけど、確実にくる未来なんだよね。

 

いろいろ思うところあり、気持ちがザワザワする。

 

 

 

2017/03/06 23:36 徒然 TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

ひなまつり…

我が家にはなんのご縁もないイベントである。

息子2人だもん。

女の子いないとなにもしないよねー。

実家では母が人形がカビないように虫干しのために毎年お雛様出してくれているようだが、しばらく見ていないなー。

  

そんな我が家、今年はお雛様を出した。

ていうのはもちろんウソだ。

 

チロルチョコの企業努力のおかげでささやかに飾ってみた我が家のお雛様なのだった。

 

 

 

 

2017/03/03 15:44 徒然 TB(0) CM(0)
スポンサー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム