好きな人と好きなものに囲まれて 好き勝手に生きていきたいの。パニックごときにあたしの人生邪魔させないわよ!そんなあたしの好き勝手にならない子育てライフやいかに…
プロフィール

cocotiare0121

Author:cocotiare0121
3歳年下の彼と結婚し、ほぼ同時に発症したパニック障害添えの結婚生活もはや17年。
中1の長男と年中さんの次男との毎日は思春期と反抗期のタッグとプレ更年期との闘い!
思うようにならない自分の体と息子たちをのらりくらりと更新してます。

アクセス
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

今日はあたしが出かけて戻ってくるとウチの車庫で長男と友達が遊んでいた。

 

どうしてそうなったのかちっともわからないんだが…

物置の整理して捨てようと出してあったカブトムシ用の虫ゼリーを食べてる!

 

や、もちろんおやつのように食べてるわけじゃないんだけど、罰ゲーム的な?

 

アホ①「何味がある?メロン、オレンジ、イチゴ…じゃメロン🍈」

チビタ「俺はどうしよーかなー」

アホ②「俺はオレンジ🍊」

アホ③「いや~イチゴ🍓はないなー」

 

どあほう!そもそも全部ないわっ!

 

いや、まぢで。味見ただけですぐすててたけどお腹痛くなったら困るからやめてくれよ…

アホ②「意外と普通にオレンジっす。」

いや、そうかもしれないが…

 

 

ホントにいつ買ったのかわからないくらいの古い昆虫ゼリー…みんな腹は大丈夫だろうか。

 

 

家にあげて人間用のミニカップゼリーをおやつに出した。

まったく…誰か一人でも「やめようぜ」ていう理性はなかったのか

飽きない。

 

 

 

 

2017/04/17 17:25 子育てって楽しい! TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

コラージュしたら全然わかんないな。

 

しかしめんどくさいのでこのままでいいか。

 

 

日曜に次男の幼稚園で子供たちの作品展があった。

普通の作品展だと出来上がった作品を陳列して観るのが多いんだろうと思うけど、ウチの園は一味違う。

中学、高校でやるような文化祭に近いかもしれない。

各学年それぞれテーマを決めてグループに分かれてお店を開く。

そのお店に並べる商品をみんなでコツコツ毎日作っていく。

店舗も自分たちで作る。当日は自分のお店の店員さんしたり他のお店にお客さんで行ったりする。

あまりにたくさんある写真を全部載せられないのでさらっとすませちゃう。

 

が、しかしホントに作り込んで素敵な作品がいっぱいなのだ。

当日は子供たちだけで開催されるが前日の日曜に家族揃って見学できる。

その際制作風景を園長先生自ら撮影、編集して下さったDVDを上映されるのだ。

それがまたホントに素晴らしくて、子どもたちがイキイキと活動している様子がわかる。

まるで泳ぐように絵の具を大きな紙に手で塗り広げたり寄り目になりながら小さい紙に向かい合ってたり顔や髪にのりや絵の具が付いていたり。

こりゃ毎日のようにズボンや手が染まってるわけよね。

スモックが真っ青になってたもんね。

 

作ったものだけじゃなく作っている様子、作り始めるまでのエピソードも教えてくれるのが親としてはとても嬉しい。

 

最初は電気屋さんをやりたかった次男。

普段の仲良しなお友達とは関係なく分けられたグループで、何屋さんをやるか決める際に電気屋さんの営業トークをしたらしいんだけど、結果的にはペット屋さんに決まってしまって、少し残念がっていた。

でもいざ制作が始まるとみんなが思いつかないアイデアを出し率先して工作していたと担任の先生が教えてくださった。

 

もともと工作は好きで、クオリティーはともかく(空箱をセロテープで貼っただけ、つなげただけとか。)毎日持っていった廃材以上の作品を持ち帰り、子供部屋の一角から溢れリビングにも進出してくるほどのありさま。

でもこうやって園で先生の指導が加わったものはレベルが格段に上がって、キチンと色が塗られたり形が揃えてあったりするので見栄えがする。

 

先生方がこまかく気配りしてくださっているのがわかって、本当に感謝でいっぱい。

長男には幼稚園のときの活動の記憶、あまりない。次男もいつか忘れていっちゃうだろうけれど、二人ともちゃんと心の根っこが育っているはず。

 

こうやって幼児期にしかできない経験からいろんなものを吸収して心豊かな人に育っていってほしい。

そうしみじみと感じる園の素敵な行事だった。

 

 

 

2017/02/21 20:36 子育てって楽しい! TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

次男の寝かしつけにいつも時間がかかるもんで、かなりの確率で寝落ちして夫が寂しがる昨今。

夫は寝かしつけるときはなにがあろうと無言を貫き子は諦めて寝るらしく、あたしがおしゃべりしつつ寝かしつけるのを生ぬるいと、感じているようだ。

 

でもね、長男は寝る前のちょっとした時間に普段言えない弱音や不安を吐き出すことがあったりしたのでかなり寝る前のベッドでの会話が大事だった。

次男はかなりキャラクターは違うがそれでも寝る前に伝えたいことを静かに言い聞かせると心に響くように思うのでなんとなくいつもおしゃべりタイムになる。

 

今日はカーテンが開いたままになっていて、ちょうどベッドに寝転んだときに雲ひとつない空に満月が見えた。

「月がきれいだよ!明るいね!」と小チビが言うので

普段は暗いの怖いからと保安球点けて寝てるんだけど、今夜は電気を全部消して月光浴。

月が移動していく様子をみて地球の自転はどのくらいの速さなのかなんて話しながら平和だなぁって思った。

 

うちの子たち、夕焼けがキレイ、とか月が見えてるとか、必ず気づいて教えてくれる。

そこそこ都会に住んでるけどちゃんと身の回りには自然がある。反抗期の棘みたいな時も疲れた大人になってもこうやってささやかながらもちゃんと心に留めていける人であってほしいなぁ。

 

そして月明かりがとても眩しいからと目を瞑っていつもより早く寝た。

 

わーい。ラッキー。

 

 

 

2017/01/14 03:12 子育てって楽しい! TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

 

 

小チビッ子が言う。

  

  

「ピチューが進化するとピカチューじゃん?ピカチューが進化するとライチューだよ。それでね、ライチューが進化するとハゲチューなんだよ!全身つるっぱげなの!」

 

 

 

 息子よ、それは進化じゃない。老化だよ…

  

 

 

 

2016/12/18 20:23 子育てって楽しい! TB(0) CM(0)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

 

幼稚園に入るまで知らなかったアドヴェント。

キリストがお生まれになったクリスマスを待ち望むキリスト教最大のイベント。

 

今日は今年の最初のアドヴェント礼拝と親子工作が行われた。

保育室は子どもたちの工作ですっかりクリスマス仕様になっていた。

まずはお礼拝。クリスマスの讚美歌をうたい祈りを捧げ、本日の講師鯱丸先生のお話を聞いたあと保育室での工作に入る。

 

鯱丸先生はジブリ美術館のラピュタのロボット兵を作られた造形作家さんで、今回の工作について

「自然の素材は色が変わり風合いが変わっていく。そんな変化と対照に変わらない金属という素材が一緒にあるのも面白いだろう」というコンセプトで、今までにはなかったアルミ板の加工をすることにしたとおっしゃっていた。

 

ぶっちゃけけっこう大変な作業だったし、悩んで時間もかかった。

マンション住まいの友達はトントンのせいで階下からクレームがきたと言っていたしこの狭いエリアでちょっとした騒音問題がおきた。

(そのことを謝っておられる先生がかわいらしくて笑ってしまった)

でもやってみて、さらに鯱丸先生の思いを聞いて今回の一味違う工作もよかったなって思えた。

 

さらに園の先生から今回の工作用に用意されたアルミ板は鯱丸先生が自ら大きさを揃えてカットし、角をとり縁で怪我をしないように一つ一つやすりをかけて手で触れて安全を確認してくださったとのことを教えていただいた。

しかも一つ一つの加工用の釘も先端を丸めて危なくないようにしてくださっている。

 

照れながらお話になる姿がなんだかかわいくてほっこり。

こんなお人柄だから金属でも暖かみのある作品を作られるんだなぁ。

  

あとお話で心に残ったのが「知らない時間を持つ」ってこと。

今の時代あたしなんかもわからないとすぐにGoogle先生になんでも教えてもらうんだけどたとえば子どもが「エルニーニョってなに?」って聞いてきたらすぐに調べるんじゃなくて「なんだろうね。なんだと思う?」と問いかけると子どもは自分でいろいろ想像していく。

どこでもドアですぐ目的地に着くんじゃなくてたどり着くまでの時間も大事なんだって。

 

リアルにはどこでもドアが欲しいあたしだけれど、その話がすごく響いた。

教えちゃえばいいってことじゃないのよね。工夫して探りながら自分で答えを見つけるってワクワクするし大事なことなんだよね。

 

 

あー話がとっちらかっちゃう!

 

そして出来上がったのはこれ。↙

宿題でトントンしてきたアルミ板にマジックでぬりぬりしてまげる。

コルクの鍋敷きに木の実や木の枝葉を貼ってキャンドルホルダーに。

 

早くキャンドルを灯してみたいね。

 

今日は小チビが「お母さんが来てるから今日はなんだかいつもより幼稚園が楽しいなぁ。」って言って照れていたのがたまらなく可愛かったな。

家に帰ってからも嬉しそうに兄に報告していて、ホントに嬉しかったんだなーって思ってあたしまで嬉しくなった。

 

今年もいいクリスマスが迎えられそうだね。

さて、母さんサンタ はそろそろ小チビっ子のプレゼントリサーチしなくちゃいけないわ。

 

 

 

2016/11/30 00:25 子育てって楽しい! TB(0) CM(0)
スポンサー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム